国家試験勉強法

国家試験合格のためのノウハウと実録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第1種衛生管理者試験に合格しました...

 今日9時過ぎ、2007年06月05日(Tue)受験の関東地区の第1種衛生管理者試験合格発表があった。合否の確認先は、2007年06月05日(Tue)「第1種衛生管理者試験を受けました...」のページ記載のとおりである。

 おかげさまで合格していました。早速、近くの労働基準監督署で免許申請書用紙、申請書の作り方等の書類一式をいただいてきた。

 この書類は千葉市原の試験場にも置いていたとのことだが気がつかなかった。試験場はごちゃごちゃしていて書類やパンフもたくさん置いてあった。少しは探したのだけど結局分からなかった。

 この第1種衛生管理者試験については、少し思うことがあるので書き残しておきたい。

1 試験範囲が広くて専門的で初めて過去問をみたとき、絶句してしまった。「この試験は難しすぎる」と。
  しかし、過去問と答えを見ていくと、毎回同じような問題が出ているではないか。
  「この試験は簡単だ」
  要は、過去問を何回か繰り返し勉強して覚えてしまえばいいのだ。

2 局所換気装置、建設機械、化学物質など見たことのない物が出てくる。これらを図解などで
  説明している基本テキストなどを見つけることはできなかった。
  はじめに買ったテキストはすごく校正ミスが多く誤字も少なくなかった。そのうえ、読みにくかった。結局、この本は独学者には良いテキストが必要不可欠であるということを教えてくれた。

3 受験のため3冊の本を購入したが、次の本1冊で良かったのではないかと思っている。
  「第一種衛生管理者試験 合格問題集+基礎知識」 (社)日本生産技能労務協会・編 ¥1,200+税
  今後、出題傾向が変わっていくかもしれないので、いつまでこの本で大丈夫とは確約できないだろうが、当面はこの本1冊で合格できると思う。

4 本試験では、過去問では見たことがない問題も2~3問あった。また、相当過去問をデフォルメ(変形・修正)しているような問題もあった。試験会場からの試験問題の持ち帰り、写し取りを禁止し、過去問の流出を厳しくチェックしているが、それは裏返して言うと、過去問を勉強しておれば大丈夫ということであろう。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。